寮生活に不便を感じる人も多いので注意!

部屋に帰っても職場の人間と顔を合わせるので気が休まらない


期間工の求人に応募するメリットとして、会社が用意している寮に入れれば家賃や水道代、光熱費を浮かせることができるという点が挙げられます。しかし、人によってはそういったメリットよりも寮生活ならではのデメリットに不便さを強く感じる人もいるかもしれません。具体的にどのような点が不便かというと、まず挙げられるのが職場の空間とプライベートの空間が一緒になりやすいということです。寮にいるのは当然、同じ期間工の仲間であり、工場から帰ってからも彼らと常に顔を合わせることになります。気にならない人もいるかもしれませんが、部屋でゆっくりしていても工場での休憩時間のように思えてあまり気が休まらないという人もいるでしょう。

プライベートも先輩後輩の関係に縛られやすくなる


恋人がいても部屋に呼びにくいという点も不便な部分です。寮のルールとして異性を部屋に入れるのは禁止になっていることもありますし、寮に住んでいる同僚に見つかってからかわれたりするのが嫌なので呼べないということもあるでしょう。今時の寮であれば相部屋ということはあまりなく、個室を与えられることが多いですが、個々の部屋は防音仕様というわけではないので、部屋で恋人と喋っていたらそれを隣人に聞かれてしまうこともあり得ます。また、寮の中に共有スペースがあって使いたいと思っても、期間工の先輩が使っていると難しいのも不便な点です。同じ職場の人しかいないので、どうしても先輩後輩という上下関係に縛られやすくなります。