老若男女問わず、たくさんの人々が期間工として働いています。期間工として働いてみたいけど、自分に向いているかどうか不安に思っているという人も多いのではないでしょうか。ここではそんな期間工について、メリットとデメリットをそれぞれわかりやすく解説しています。

期間工で働くメリット

初心者でもOK!シンプルな仕事内容なので安心して働ける

期間工とは、自動車工場や家電工場などで働く、契約期間が決められている契約社員のことです。工場勤務の仕事はライン作業などの「単純作業」がメインとなっています。ライン作業とは、ベルトコンベアから流れて…

各種手当で給料がアップ!がっつり稼げる期間工

期間工は手堅く稼げる職業だと言われていますよね。基本給が高いことが期間工の特徴ですが、稼げる理由はそれだけではありません。期間工の給料にはさまざまな手当が付くため、通常よりも稼ぎやすいのです。例を…

住み込みで働けば生活費を大幅に節約することが可能

寮費は無料であることが多い

期間工として働きたい理由として、「お金を稼げるから」という人は少なくないでしょう。しかし、いくら期間工の給料がよくても入ってきた分をそのまま使ったらまったく貯まりません。では、期間工で稼いだお金をできるだけ使わずに貯めるためにはどうすればいいのかというと、一番いいのは住み込みで働ける期間工の求人に応募することでしょう。住み込みというと住居兼店舗の二階に寝泊まりするというイメージがありますが、工場の場合、二階に住むわけではありません。工場が管理、契約しているアパートやマンションの一室に住み、そこから工場に通って働くことになります。寮費は無料のところが多く、それだけでずいぶんな節約になるはずです。

光熱費と食費を負担してくれる場合もある

また、寮費だけではなく、光熱費も負担しなくていいという条件で期間工を募集しているところもあり、この場合、ほとんどの生活費を貯金に充てることが可能です。寮付きの期間工のメリットはそれだけではありません。数はあまり多くありませんが、食費も無料にしているところがあるのです。好きな店で飲み食いして領収書を出せば精算してもらえるというシステムではなく、工場の食堂で食べるなら無料というシステムですが、食事にあまりこだわりがない人なら相当な節約になるはずです。寮からは送迎用の車が出ていることが多いため、交通費もかかりません。現時点でお金がなく、生活に困っているという人にとっても理想的な環境といえるでしょう。

期間工で働くデメリット

あくまで有期雇用なので、ずっと働くことは不可能

期間工の仕事をすると決めた場合、覚悟しなければならないことがあります。それはいつか必ず退職しなければならないという点です。正社員として就職してもそれは同じですが、解雇されたり、自分から退職しない限…

Learn more

夜勤に慣れるのが大変。生活リズムの変化は覚悟しておこう!

日勤に加えて夜勤もある期間工の場合、生活リズムをシフトが変わるごとに切り替えていくのが大変になります。では、具体的に対応に苦労するポイントとそれを克服する方法としてはどのようなものがあるでしょうか…

Learn more

寮生活に不便を感じる人も多いので注意!

期間工の求人に応募するメリットとして、会社が用意している寮に入れれば家賃や水道代、光熱費を浮かせることができるという点が挙げられます。しかし、人によってはそういったメリットよりも寮生活ならではのデ…

Learn more